2008/05/10

思秋期/岩崎宏美

久しぶりにiTMSの「ブラウズ」ボタンを押してJ-POPのラインナップを見ていたら、ずいぶんと懐かしい曲が揃ってきました。門あさ美とか中原めいこなんていう「ニューミュージック」系の懐メロとか、'70〜'80年代のアイドル、麻丘めぐみあたりから始まって小泉今日子や中山美穂、おニャン子クラブなどの名前も出てきます。なぜ浅香唯が無い?それ以前に太田裕美の曲が無いのが惜しい!発売元がソニー系とか、そういう事情なのか?やれやれ…。

さて、岩崎宏美は70年代中期に「スター誕生」から生まれた、「中三トリオ」のちょっと後輩にあたるアイドルでしたが、デビュー当時から歌唱力は折り紙付きでした。私の父などもTVで見かけると「もっと年を取ってスタンダードナンバーを唄うのが見たい」というようなことを言っていました。
そして実際に今、スタンダードナンバーの似合う年になったわけですが、その歌手生活の収支は合っているのでしょうか?相変わらず歌のうまさに関して、その評価は揺るぎないと思われますが、代表曲というと行きがかり上「聖母たちのララバイ」あるいはネタとしての「シンデレラ・ハネムーン」ということになって、その楽曲のレベルは岩崎宏美の実力からするといかにも平凡です。前回書いた伊藤由奈もこの轍を踏んでしまうのではないか、とオジサンは心配しております。

さて、そんな岩崎宏美の曲の中から、iTMSですぐに聴けるサンプルとして、初期の名唱とされる「思秋期」のリンクを貼っておきます。昨年、阿久悠氏が亡くなった時に代表曲のひとつとして紹介されたり、本人が出てきて唄ったりするのを見聞きして思い出しました。
岩崎宏美 - 思秋期 (Original Cover Art) - Single - 思秋期
10代でこの安定感!ていうか、若い男の子向けにしては落ち着き過ぎだったのかなあ。
超蛇足ですが、すごく機嫌のいい男性がこの曲を鼻歌で唄うと、「ルビーの指環」になります。

0 件のコメント: