2012/07/22

Uncontrolled/安室奈美恵

「安室奈美恵が売れている」という芸能ニュースをテレビで見て、「相変わらずがんばってるなあ」と思う半面「ほんとかなあ…」という気持ちにもなって、ついダウンロードして聴いてしまいました。デビュー20周年記念アルバムなんだと。
icon
icon
「小泉今日子30周年」には、驚くと同時にあまりの歳月に腰が砕ける感じがありましたが、安室奈美恵の「20周年」は「まあ、そんなものかな」という感じがします。理由はよくわかりませんが、ポンキッキかなんかで最初に見た時にはもう自分は大人だったので、あの子が結婚して、子ども産んで、離婚して…というのをいちいち見てきたので、時間の経過がなんとなく納得できるのかもしれない。

さて、「安室奈美恵が売れている」に対して「ほんとかなあ…」と思った、という理由は、このところずっと書いてきましたが、ここ10年くらいの安室奈美恵は日本で売れるにはかっこ良すぎるんじゃないか?と思い続けてきたからです。

なんていうか鼻歌で歌いたくなるような曲じゃないじゃないですか?

行ったことがないのでコンサートとかどんな雰囲気なのか知りませんが、ファンが一緒に歌えるような感じもしない。ありがたく歌とダンスを鑑賞させていただくしかないんじゃないか?そしてそれは日本で流行歌として普及するスタイルじゃないんじゃなかろうか?と思っているのです。
それがちゃんとヒット商品になるのは安室奈美恵というビッグネーム故なのか、こういうスタイルを貫いているから今もビッグネームであり続けられるのか?は微妙なところだと思います。また、日本人の耳がそこまで肥えていたら、今売れてる他の音楽はなんなんだい?という疑問もあるわけで。

ただし安室奈美恵の歌唱は、DOUBLEと歌った「Black Diamond」のくだりで書いた通り、超本格的というわけではありません。アイドル歌手時代から大きく変わらない地声を使った歌い方は驚くような声量や驚くような音域を聴かせるものではなく、サウンドとしてはジャネット・ジャクソンなどにとても近いけれどもこのままアメリカに持って行って売れる感じはしません。
逆に言えば安室奈美恵の「幼形成熟」っぽい感じは超本格派に出会うと腰が引けてしまう日本の小市民(俺だよ俺)には好ましく、それは一部のアジア諸国においても共通なのかもしれない。実際にこのアルバムも東南アジア各地でたくさん売れているそうなので、それもまたひとつの戦略ではありますね。


0 件のコメント: