2012/02/19

A Different Kind of Truth/Van Halen

Van Halenの久しぶりの新作、しかもボーカルはデイヴィッド・リー・ロス。
アルバム「1984」でVAN HALENに出会った私としては、これだけは買っとかないと、ということで初めてiTunes Storeの予約、というのをしてたところ、2月8日にMacを立ちあげたらダウンロードされていました。
icon
icon

ベテランのバンドらしく、「いつものやつ」が続きますが、その「いつも」のアベレージがエディ・ヴァン・ヘイレンのギターですから、悪いわけがありません。
ときどきWikipediaの記述などでチェックしていたところ、エディはなにやら病気をしているような情報もありましたが、ギターを聴く限りでは完全復活のようです。代名詞であるライトハンド奏法も聴けますし、ハーモニクスを多用する刺激的なギターでぐいぐい攻めます。それに絡む、サービス精神満点なデイヴィッド・リー・ロスのボーカルも全く衰えを感じません。
ベースはエディ・ヴァン・ヘイレンの息子だそうです。

聴いてる間は楽しいんですが、「1984」よりも収録時間が1.5倍くらいあって、どれがどの曲かまだ判別できないのは私の耳が年寄りになってきているのでしょうか?「1984」はわかりやすかったなあ…。


2012/02/05

Feel Happy 2007 ~Debut 30th Anniversary~/原田真二

最近のYouTubeのビデオを見るにつけ、一段と「Alex Yorkは布施明の息子なんじゃないか疑惑」が個人的に高まるこのごろ、次はAdeleの話でも書こうかと思ったんですが、今日はお茶を濁して懐かしのJ-POPです。

原田真二のファーストアルバム。2007年にデビュー30周年記念として再発売されたものが、iTunesでダウンロードできるようになっていたので、ちょっと前に落として聴いておりました。
たまたま高校時代の同級生(男)に彼の大ファンがいて、彼につきあってコンサートなどにも行ったことがあるので、僕は一般の人よりも原田真二には詳しいと思います。このアルバムが発売されたときには、実はシングル曲は「てぃーんず・ぶるーす」と「キャンディ」の2曲しか入っていなかったのですが、そこに3rdシングルの「シャドー・ボクサー」と「タイム・トラベル」が追加され、さらに30年後に新録音された「てぃーんず・ぶるーす」と「タイム・トラベル」がボーナス・トラックとして収録されています。
icon
icon

つまりですね、当時テレビでしか彼の活動を追ってなかった人には、ほとんどこれ1枚あれば「原田真二の思い出」は十分完結してしまうのです。僕は上記の同級生のおかげでその後のちょっと説教臭くなって以降の活動も少し知っているから、もうちょっと買い足したいと思っていますけど。

2007年版も、ジャケット写真はデビュー当時の、生意気なベビーフェイスのイメージを定着させたものがそのまま使われています。チャン・グンソクそっくり。

さてさて、と久しぶりに聴いてみると、やっぱいいんですなあ、これが!
確かに恥ずかしくなるほど洋楽直輸入的な部分も見受けられるように思いますが(私はあまり洋楽に明るくないので、きちんと尻尾をつかむことができません。詳しい方はご自分で元ネタを類推されると良いでしょう)、それはパクリというよりも、「僕、外国のこういう音楽も聴いてるよ」というおしゃまな男の子の自慢話みたいな感じ。
当時はこっちがモノを知らなすぎて反応できなかった「引用」部分に、今回改めてニヤリとさせられてしまうところもあります。

人気絶頂の時も歌唱力ではあまり評価されるタイプではありませんでしたが、80年以前の男性歌手で、上の「ラ」さらに「シ、ド」まで使って歌う人はほとんどテレビに出ていなかった中、原田真二のキーは「ど高い」です。「シャドー・ボクサー」なんか、出だしから高いのに間奏の後で1音上がりますからね。
そんなキーの高さと声質のせいで、原田真二はマイケル・ジャクソンに似ています。音楽性もそのへん(当時のMJはまだソロ作品はそんなに出してなかったかも知れないからジャクソン5とかでしょうか)の影響が大きいと思います。

初期の原田真二の良いところは、当時の、まだバンカラで汚くゴツゴツしたイメージが強かったロック系アーティストの中では圧倒的に可愛くて品が良いこと。本人はその路線を1年くらいで蹴っ飛ばしてとんがっていきますが、もうちょっとこの路線で行けるところまで行ってみて欲しかったです。
最近、スピッツが「タイム・トラベル」をカバーしていましたが、やっぱり名曲です。芸歴のワリに年齢は若いんだから、もう一発どかんとブレイクして欲しいです。